カイロとは?

国際基準カイロプラクティック

カイロプラクティックは、世界およそ30カ国で法制化され認められています。

国際基準のカイロプラクティック

世界およそ30カ国で法制化され認められているカイロプラクティックでも、日本では法制化されていないという事は述べてきました。これが、カイロプラクティックが整体との混同や危険な施術であるという認識を作っていると言っても過言ではありません。

本来は世界保健機構 (WHO)が定める「カイロプラクティック教育のガイドライン」という基準をクリアした教育機関のみが学士号や称号を出すことができ、それ以外の教育機関を卒業してカイロプラクターと名乗ることは、法律で固く禁じられています。またこのガイドラインは日本のようにカイロプラクティックの法制化がされていない中で、カイロプラクティックを行う国において、その基準や倫理を日本においては厚生労働省、海外に関してはそれに準ずる機関に通達されています。

日本でのカイロプラクティックの実情

現在日本では「自称カイロプラクター」が国際基準を満たす資格や教育を受けていないにも関わらず、患者に施術を行っているケースが多々あります。これは資格のない医師が治療する事と同じで、施術としても危険ですし、質の低いカイロプラクティックが蔓延する恐れがあります。とくに日本の専門学校では、創設者や講師の方が正規の教育を修了していて、その方の教育を受ける事ができ、独自の称号が取れるとしていますが、なんの意味も持たないのが現実です。

またガイドラインの内容は4,200時間以上の修業時間の中で、医学部同様の医学系科目を履修し、理論的知識、医学的知識、臨床知識、哲学を身につける必要があるとされています。これは日本の4~5年の大学教育に匹敵するものであり、数日間のセミナーや2年間の専門学校では到達しえない量なのです。

特に、カイロプラクティックと鍼灸だけは、世界に数ある代替医療の中で世界保健機構(WHO)に認められており、それは上記の修業時間を学んでいる人が行うケアが、疾病や症状に対して有効であることを示しています。しかし、その基準は大変ハードルが高く、また人気が高いため入学倍率も大変高く、正規のカイロプラクターになるためには、これらのすべてをクリアしなくてはなりません。

当院はスタッフ全員が国際基準のガイドラインをクリア

日本ではカイロプラクターと名乗り、看板を掲げている人が1万人以上いるとされていますが、国際基準のカイロプラクターは実際には700名弱というのも現実です。
もちろん当院ではスタッフ全員がこのガイドラインをクリアした教育機関を修了し、施術をさせて頂いている川崎市内唯一の治療院となっております。

  • 世界保健機構(WHO)
  • 世界カイロプラクティック連合(WFC)
  • 世界カイロプラクターズ協会(JAC)
  • RMIT大学日本校(現TCC)

  • カイロプラクティックとは

  • 初めての方へ

  • 信頼される理由

  • 整体との違い

国際基準のカイロプラクティック:エルカイロプラクティック

〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目1501番地
セントア武蔵小杉 7-205

アクセスマップ

診療時間:10:00~21:45(最終受付)

セミナー・学会等のため臨時休業もあります

このページの先頭へ