お知らせ

健康スタッフブログ

2018/04/11

健康スタッフブログ

妊娠初期に必要な葉酸とは

妊婦さんに必要な栄養素として葉酸が大事だと言われていますが
なぜ葉酸が大事なのでしょうか?


1つは「赤血球の産生」に関わっています。

赤ちゃんはお母さんの血液からさまざまな栄養分を優先的もらって成長するので妊娠中は貧血になりやすくなってしまいます。そのため貧血予防にも葉酸の摂取は大事になります。
また母乳の出を良くするためにも葉酸は必要になるので、産後も葉酸の摂取が必要になります。


もう1つ怖いのは赤ちゃんの「先天性異常」を予防します。

葉酸は細胞の産生にもかかわるため、妊娠初期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害(二分脊椎症や無脳症)のリスクが高まります。
日本での二分脊椎症の発症率は1万人に5人前後、無脳症の発症率は1千人に1人の割合です。

厚労省が発表している葉酸の食事摂取基準で妊婦さんは1日400μgとされています。
少なくとも妊娠1か月以上前から妊娠3か月までの間の摂取が必要と言われています。

食品から摂取するにはホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、レバーや果物などに多く含まれますが熱に弱く水に溶けだしやすいため食品のみで摂取は難しいです。
そのためサプリメントなどと合わせて葉酸を摂取するようにしてください。

お腹がだんだんと大きくなってくると腰への負担から腰痛や足のむくみなどで悩まれる方が増えてきます。妊婦さん専用のカイロベットをご用意しておりますので、ぜひカイロプラクティックケアをお試しください。

エルカイロプラクティック武蔵小杉
コメントする

国際基準のカイロプラクティック:エルカイロプラクティック

〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目1501番地
セントア武蔵小杉 7-205

アクセスマップ

診療時間:10:00~21:45(最終受付)

セミナー・学会等のため臨時休業もあります

このページの先頭へ