お知らせ

健康スタッフブログ

2013/02/03

健康スタッフブログ

ヒートショック

 

こんにちは。馬場です。最近とても暖かくなり、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。

今日は気温の急激な変化がもたらす体への悪影響について書きます。

 

・ヒートショック

 

最近テレビなどでも見るようになったこの言葉。一体どういうものなのでしょうか。

 

人体は常にその人に合った一定の血圧を保とうとしています。しかし、外気温の急激な変化(この場合は気温の低

下)にさらされることで血管は収縮し、血圧の大幅な上昇が起きます。これはトイレやお風呂場で起きることが多い

とされています。

それに加え、加齢や不摂生などによって、脳血管からの出血によって脳にダメージを受け、最悪の場合は死に至ることもあります。

 

また、特にこの時期は寒さのせいもあり、ほかの季節と比べてお風呂の温度を上げて入浴する方も多いと思います。

しかし、今度は入浴によって血管が広がることで血圧が急激に下がります。そこに発汗も加わり血液の粘度が上

昇することで、浴槽につかったまま失神したり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となることがあります。

 

どちらも体温に対して、トイレやお風呂場の気温と浴槽内の温度に差がありすぎることが原因です。脱衣所にヒーターを設置してリビングとの温度差を減らしたり、シャワーで浴槽のお湯を張ることで蒸気が出るため、それでお風呂場の温度を上げるのも有効です。

その際お風呂の温度は高くても41度程度に抑えましょう。間違っても入浴した瞬間にビリビリと肌を刺すような熱さにするのは厳禁です。

 

毎日使う場所で起きるので注意が必要ですが、ちょっとしたことで防げる現象でもあります。春まであと少し、寒さに油断しない生活を送っていきましょう!

 

馬場

 

武蔵小杉で整体、カイロプラクティックをお探しの方はエルカイロプラクティック武蔵小杉へ

コメントする

国際基準のカイロプラクティック:エルカイロプラクティック

〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目1501番地
セントア武蔵小杉 7-205

アクセスマップ

診療時間:10:00~21:45(最終受付)

セミナー・学会等のため臨時休業もあります

このページの先頭へ