お知らせ

お知らせ

2015/07/23

お知らせ

ランニング中の腹痛

こんにちは。最近、ランニング、あまりできていない北井です^^;

多くの腹痛原因ですが、「腹筋」の緊張が消化器への圧迫につながっておこるようです。

ですので、走る前は出来るだけ腹筋をほぐしておきましょう。

また、ガスが溜まらない食生活を心がけ、炭酸飲料も走る前はやめたほうがよさそうです。

さて、みなさんは、「抗重力筋」という言葉を聞いたことがありますか?

「抗重力筋」は、私たちが立っているとき、座っているとき、歩いているとき、ずっと働いている筋肉です。人間が、重力下でバランスを保っていられるのも、この「抗重力筋」のおかげです。

筋肉線維には、筋紡錘(きんぼうすい)という組織があり、筋肉の張力のセンサーの役目をはたしています。

どんなふうに(急に?ゆっくり?)ひっぱられたか、どれくらいひっぱられたかを感知すると、そこから神経を通じて中枢へ情報が伝達されます。

するとすぐさま、それを補正するように、中枢から命令が出されます。

「抗重力筋」には、その役目を果たすため、他の筋肉に比べ、筋紡錘が多く存在します。

いつも緊張しているのが抗重力筋なのです。

また、この筋紡錘。交感神経によって活性化されます。

そして、ランニング中の差し込みの話に戻ります。

腹筋は、いくつかある抗重力筋の中のひとつです。(腹筋とはおおまかな言い方で、何種類かあります。その場所や作用によって、それぞれ別の名前がついています。)ということは腹筋は、もともと緊張せざるを得ない筋肉であり、さらに、「ランニング」という交感神経優位な状況のなかで、どうしてもほぐれにくいのです(*_*;

では、そのほぐし方は次回に(*^^)v

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
武蔵小杉の整体・カイロプラクティックなら
エルカイロプラクティック武蔵小杉
http://aile-chiro.com/
川崎の整体・カイロプラクティックなら
エルカイロプラクティック川崎
http://aile-kawasaki.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

コメントする

国際基準のカイロプラクティック:エルカイロプラクティック

〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目1501番地
セントア武蔵小杉 7-205

アクセスマップ

診療時間:10:00~21:45(最終受付)

セミナー・学会等のため臨時休業もあります

このページの先頭へ